カラーセラピスト、ハーブインストラクター、薬剤師、アレルギーっ子まま・・・日々外側の世界をぶつぶつ語ります(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月03日 (水) | 編集 |
Green bourgeon

1月30日(土)ブルームーンの日にOPEN しました

良質なオーガニックハーブをはじめ、オーラソーマチャクラティー、HRC~Herb&Relaxation&Color~オリジナルブレンドハーブ、手作りコスメの材料など取り揃えております。

2月末日まで20%OFF


この機会にハーブを生活に取り入れてみてくださいね

************************************************

ブログランキングに参加中四葉
ちょいと立ち寄ったアナタバイバイポチッと押してきません?にこアップロードファイル


私たちは社会の一員である。

大きな社会もあれば小さな社会もある。
それは会社と言う単位かもしれないし、友達と言う単位かもしれないし、家族や兄弟と言う単位かもしれない。

私自身、私が筆頭となる社会もあれば、大きな単位の中の・・・いわば「歯車」としての一員でもあるし、家族として参加する社会もある。

今日、人の色んな・・・・蠢く感情を見てきた。

なぜ「蠢く(うごめく)」なのかって?

それは本人達がその感情を持っていることに気付いていないから「蠢く」なのだ。

自覚はないけど、蠢くから外側には出る。リアルに出る。

顔面神経がピクピク痙攣してたり・・・
肌が荒れてたり・・・・
血管が浮いてたり。



残念ながら(?)私はそう言うのをあまり見逃さない
だから、そんな症状を見ていると凄く切なくなるんだよね

大きな単位を構成するのは小さな単位で、小さな単位の中で色んなものが蠢き始めると大きな蠢きに変わり、
それが嵐へとつながる


小さな不調を放っておけば大きな不調へと繋がる

それに気付いて自分で何とかしようとするか?
言い方は厳しいかもしれないけれど、環境などのせいにして自分から行動を起こそうとしないのか?
決めるのは自分。


蠢くものに気付いて、そこに光を照らして輝く蝶々に変わるのか、芋虫のままでいるのかは
自分次第。


本人達が、気付いて、一歩の勇気を振り絞れるようになれますように・・・と影ながら祈るしか私にはできないのである。
1265104303bf.jpg


私にできることは、勇気を出して変化してくことを見せていくことだと思う。

私自身が変わればいいのだと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。