カラーセラピスト、ハーブインストラクター、薬剤師、アレルギーっ子まま・・・日々外側の世界をぶつぶつ語ります(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子から学ぶ。
2010年03月11日 (木) | 編集 |
Green bourgeon

1月30日(土)ブルームーンの日にOPEN しました

良質なオーガニックハーブをはじめ、オーラソーマチャクラティー、HRC~Herb&Relaxation&Color~オリジナルブレンドハーブ、手作りコスメの材料など取り揃えております。

お誕生日の方にはもれなく500ptプレゼンします
詳細はショップをご確認下さい


************************************************

ブログランキングに参加中四葉
ちょいと立ち寄ったアナタバイバイポチッと押してきません?にこアップロードファイル


先日の出来事。

夕食後、息子ははるみと言う柑橘類を欲しがり、1個だけねと言いつつあげました

※はるみ:“清見”と“ポンカン”の子供(?) “デコポン”の兄弟。剥きやすく甘くてジューシー!

息子は嬉しくてパパに見せに行きましたところ・・・・


父ちゃん:「パクッ

息子:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

息子:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


息子:「うわあああああああああああああああああああああああああああああああっ


そのうち、息子は地団太を踏み、ヒィーーーーックヒィーーーーク言いだし始めました。

その姿を見た父ちゃんは呆れ顔


この情景、容易に想像できると思うんだけどさ、皆どう思う?


私はね、この姿をみていて、物凄い感情の爆発だなーって思ってみてたのね。

って言うのもさ、大人にすれば、たかが蜜柑一粒のこと。「別にいいじゃん」と思いがち。

けれど、本人にしてみると、凄い悲しいし、悲しいからこそ怒りが出るし、そのエネルギーをとにかく放出したい訳で・・・・

それに対して、父ちゃんはどう対応するか見てたら、放置プレイ・・・・
母ちゃん的には(ォィッ!)ってな気分。

泣いてる息子を一先ずHugして、「お父さん食べちゃったから悲しかったんだよねわかるよ~大事な蜜柑だったもんね~」とゆっくり話しかけると・・・

息子は息子なりの想いがあって、
息子:「お父さんが食べた~」と。

母:「うんうん。悲しい気持ちは凄く分るよ。でも、今回は許してあげよっか?遥生もお父さんからおかず貰ったりするでしょう???お父さんも美味しい蜜柑食べたかったんだよ!」

と言うと・・・・

案外すんなり

息子:「うん。これあげる~」と。

見てて凄く感じたのは、幼少の頃、素直に純粋に感情が吹き出る頃に、まずはそれを受け止める事をしてもらうのって
凄く大事なことだなって思ったのと、些細なことだけど、感情はやっぱ沢山あふれるものなんだなーってこと


些細なことだからこそ、それを無視しちゃいけないし、
それをしっかり感じる事がとても大事だと思う。


そして、身近にいる人はできれば、それを見守ってあげれるといいよねって思う。

私自身、最近つくづく思うのが「潜在意識を感情の肥溜にしてたなって思ったし、溜めきる前に少しずつお掃除すれば、後々、臭い思いをしなくても済むんだなって事なんだよね。

最近、かなりモヤモヤしていた私ですが、あるキッカケで思いっきりカタルシス(カタルシス=浄化)をさせていただきました。

要するに、これ以上でないくらい大声だして、思いっきり泣きまくる(笑)

しこたま泣きました。

おかげで・・・・スッキリ。でも、その場その場で感情をしっかり味わうことに慣れてないので
モヤモヤしちゃうんだ。

改めて、自分自身の癖を改善しようと思った出来事でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。